ビタミンB2の基礎知識。

ビタミンB2はうなぎ等の食べ物に多く含まれていて、脂質を代謝する効能に優れています。
他にもビタミンB2は、口内炎の予防に効果がある事で有名です。
ビタミンB2を、食品やサプリメントで摂取する方法を解説していますので参考にして下さい。

ビタミンB2とは?

リボフラビンとも呼ばれるビタミンB2は、脂質を中心にタンパク質、糖質などを分解し、エネルギーに変換するとても重要なビタミンです。

余分な脂肪をつけにくくすることから、ダイエットの際にもよく摂取される栄養素です。

ビタミンB2は、健康的な肌を作る際にも重要な働きをし、口内炎やニキビを予防や改善する効能もあります。

このようにビタミンB2には、様々な効果があるのですが、上手に摂取するには、いくつかの注意点がありますので、当サイトでしっかりと学んで下さい。

ビタミンB2の効果

下記に代表的な効果を記載しておきますので参考にして下さい。

口内炎を予防・改善します。

唇や頬の内側や、舌、歯ぐきなど、口内における粘膜に炎症を引き起こす症状を口内炎と呼んでいます。
ビタミンB2には、粘膜の保護を行う働きがあることから、口内炎を予防・改善することが報告されています。

ニキビを予防・改善します。

ニキビの主な原因の一つである脂質を分解する働きがあるため、脂っぽいお肌をなくすことが出来ます。また、皮脂の分泌自体を調節する働きがあるといわれており、ニキビ対策には摂取したいところです。

ダイエットを応援します。

食べた物は、消化・吸収されるだけでは、無駄なぜい肉となってしまいます。
ビタミンB2は、脂質を中心に、タンパク質、糖質を分解し、エネルギーへ代謝するのに深く関与しているため、いまやダイエットの必需品ともいわれています。

老化防止にも働きます。

老化の原因の一つである、脂肪が酸化されて出来る過酸化脂質は、細胞死を進めてしまう体内にとって有害な物質です。
ビタミンB2には、ビタミンCと同じように、抗酸化力に過ぎれていることから、脂肪が酸化されるのほ防ぐことで老化防止に効果があるといわれています。

野菜などの食べ物から摂取するには?

ビタミンB2が多く含まれている食材を以下に示します。
表を見てわかるとおり、動物性の食品には、豚や牛のレバーに多く含まれており、植物性には、小麦やモロヘイヤに多く含まれているようです。

食品100gあたりに含まれるビタミンB2含有量
豚レバー 3.60mg
牛レバー 3.00mg
ウナギの蒲焼 0.74mg
小麦胚芽 0.71mg
納豆 0.56mg
0.43mg
モロヘイヤ 0.42mg
サンマ 0.30mg
アボガド 0.21mg
不足すると、とても大変。

特に、子供にビタミンB2が不足すると、健全な発育に必要な栄養が代謝されず、成長障害を引き起こします。

また、大人でも、疲労感が蓄積するなど、様々な不調をきたすことが予想されますので、ビタミンB2の上手な摂り方を参考にし、絶対に不足しないようにしましょう。

ここに要注意。

一度にビタミンB2を摂取しても、吸収後わずか数時間で汗や尿によって体外へ排出されてしまいます。
これは、B2が水溶性 ビタミンに分類されており、とても水に溶け易い性質を持っているからです。
このため、 出来る限り時間を空けて摂取することが必要です。

ビタミンB群の種類

全部で8種類あるビタミンB群は、以下の種類があります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • 葉酸
  • ビタミンB12

これらは、それぞれが助け合いながら働いていますので、全てのビタミンB群をバランスよく摂取することが大切です。
効果など、詳しい説明は、こちらからどうぞ。

注意事項!

・本サイト内における栄養素の効果等は、一般的な情報でその内容を保証するものではありません。

・本サイトの情報からサプリメントなどを選ばれる際は、必ず信頼できる文献を再度ご確認の上で利用してください。

・本サイトの内容によって生じたトラブル等や健康被害等については、一切の責任は負えません。

リンク集

スポンサードリンク

Copyright (C) 2009 e-vitaminb2.com. All Rights Reserved.